aromamoraとは?

アロマは、お一人おひとりが自由自在に想像の翼を広げ、楽しめる世界です。そんなアロマの愉しさを日常に届けたい、
aromamoraは思っています。

こんなとき、こんなところに、香りがあったら…
香りは日常に彩りを添えます。
また、芳香成分そのものがもつ心身への作用はもちろん、

嗅覚、脳の海馬に働きかけ、記憶や感情の深い部分へ作用します。

aromamora、前から読んでもうしろから読んでもaroma。
回文のネーミングは、多くの方に
アロマを魔法のように使っていただきたい、
という想いから。

見えない香りだからこそ、
見える化させることまで含め、
アロマの届け方にもこだわります。

アロマを通して、お一人おひとりの感性がひらかれ、
日常にみずみずしい体験をお届けできれば幸せです。

大橋マキ プロフィール

大橋マキ アロマセラピスト、アロマスペースデザイナー、aromamora主宰
フジテレビアナウンサーを退職後、英国に留学。植物療法を学ぶ。IFA認定アロマセラピスト。
6年間アロマセラピストとして病院での活動を経て、現在は、イベント、コンサート、ショップ等でのアロマ空間演出のほか、香りによる企業ブランディング、介護のためのアロマ、精油の地産地消の仕組みづくり、社会福祉×学生×自然農園でのソーシャルファーミングなど、様々なプロジェクトに取り組む。

2008年より、オリジナルブレンドアロマ「aromamora」をプロデュース、調合。2012年には鎌倉山での 自然農園・ハーブ・アロマのユニット「Erbosteria Kamakuraya」を結成。

また、ホワイトリボン運動をサポートするMode for Charityプロジェクトに賛同、チャリティグッズとして「aromamora Mother」を製作したことがきっかけとなり、Mode for Charity東北版として「to Mothers みちのく」を立ち上げるなど、チャリティに積極的に取り組む。

ラジオ番組TOKYO FM「LOVING HOME」では家族や地域活動をテーマにした番組のナビゲーターも務める。

『旅するように。逗子葉山暮らし。』(宝島社)を2013年8月8日に出版。その他の著書に『アロマの惑星』(木楽舎)、『日々香日』(サンマーク出版)、『セラピストという生き方』(BAB出版)、翻訳書に『ハーブティーバイブル』(東京堂出版)。